おすすめの本一覧

グローバルの経営者には読書家が多く、彼らが参考にしたという本や書いた本から、経営哲学、リーダーシップのあり方などを学びます。

英文ライティング上達の知恵:5冊で向上するビジネス・ライティング

ビジネス・ライティングは英語でビジネスをする上で基礎になります。会話と違いごまかしがきかない避けて通れない大きな壁です。ということで、海外のビジネスマンが推薦するライティングスキルを向上に効く本5冊を紹介します。

イスラエルがイノベーションとスタートアップで成功した理由

輸出品の50%をハイテク商品が占め、サイバーセキュリティ関連商品で10%のマーケットシェアを持ち、1万を超えるスタートアップを継続的に生み出す。そんな国がイスラエルです。デジタル領域に関わっている方は、好むと好まざるにかかわらず、なんらかイスラエルの商品を利用していると思います。

フィルターバブルによる無意識な情報選択

自分と同じ意見や考え方を持つグループの中で起きているニュースや情報にしか触れなくなってしまうというフィルターバブル。技術的な解消が徐々に進んでいく状態ではあるが、現在の問題点と自衛手段を知っておきましょう。

絶滅危惧種COOと役割が拡大するCFO

CEOに次ぐNo2と見なされ、会社のビジネス・オペレーションに責任を持つとされてきたChief Operating Officer(‘COO’)を絶滅危惧種として指定しなければならない状態になっています。一方で、Chief Financial Officer(‘CFO’)の役割拡大が進んでいます。CEO, COO, CFOというセットから変わる現状と背景

アップル・グーグル・フェースブックが参入するコンテンツ市場

ネットフリックスやアマゾンに続いて、アップル、グーグル、フェースブックが映画やドラマへの投資を発表しました。これまでプラットフォームであることを貫いてきたデジタルの巨人たちの動きが激しくなった理由を分析します。

ロボット産業:成長を加速させる10兆円市場の未来

ロボット産業をリードする日本のメーカー各社が高まる需要を背景に積極的な投資をすすめています。一方でサービスロボットではアメリカの追い上げも激しく、拡大する市場に多くのプレイヤーが独自の戦略でアプリーチしています。現状と未来を分析しました。

(最新メガトレンド)次のデジタルビジネスーその2

次の10年のメガトレンドとされたTransparently Immersive Experience(透過的没入体験)を理解するとともに、その要素技術である、4次元プリンティング、ナノチューブ・エレクトロニクスなどを調べます。

これで理解!IOTがよく分かる動画(JETROのビデオより)

独立行政法人JETROが作っている「世界は今 JETRO Global Eye」というYoutubeチャネルが面白い。和風総本家やガイアの夜明けが好きな方は必見。

マッキンゼー発表:世界の社長が読む書籍2017年版

戦略コンサルティング会社のマッキンゼーが紹介している、世界最大級の企業や組織の成功者として、社長・CEOなどのリーダーに登りつめていった人が’読んでいる書籍。

(最新メガトレンド)次の10年のデジタル・ビジネスの潮流

アメリカのテクノロジー関連の調査会社のガイトナーが毎表したメガトレンドの2017年版から、今後10年間で発展する技術やその影響を読み解きます。