経営者・起業家が読むべき女性が書いた書籍23冊

Books of Women Author おすすめの本

インターネットやソーシャルメディアが拡大し、最新の情報や先達にコネクトしてアドバイスをもらうことのハードルが下がった昨今、最新の情報に触れるためにはネットで充分だとしても、書籍はひとつの体系としてまとまった知識を得るには有用な媒体です。現代の経営・起業家の必須能力のひとつに女性と効果的に仕事をできることがあります。同時に、男性視点で出来上がっている社会構造やビジネスに対して、女性視点というのは新しい視点を提供してくれます。

 

 

女性が記述した本を読む

英語圏でも起業家・経営者へ推奨する本という記事はたくさんあるのですが、ほとんどの場合著者が男性、もしくは10冊に1冊というレベルです。このブログでも何冊か書籍を紹介してきましたが、ほぼすべて男性著者のものでした。男性と女性は平等であるべきですが、性差は実際に存在しています 。男性と違う思考方法、考えがあるのであれば理解すること、もしくは理解しようとすることの重要性はましていくと思います。

ということで探していると、Shopifyという2006年に創業したeコマースのプラットフォームを提供する企業のブログに求める女性の書いた起業家向けの本というパワフルなリストがありました。27冊が紹介されていますが、面白そうな本を何冊かご紹介します。27冊すべてに興味のある方は以下の元記事をご確認ください。

What to Read in 2018: 23 Books for Entrepreneurs, Written by Women
Our list of 23 life-changing books, all written by women. They have been read and reviewed by some amazing women here at Shopify—UX Researchers, Marketers, and ...
  1. Grit: Passion, Perseverance, and the Science of Success
  2. The Confidence Code: The Science and Art of Self-Assurance—What Women Should Know
  3. Quiet: The Power of Introverts in a World That Can’t Stop Talking
  4. Big Magic: Creative Living Beyond Fear
  5. The Year of Less: How I Stopped Shopping, Gave Away My Belongings, and Discovered Life Is Worth More Than Anything You Can Buy in a Store
  6. The Sleep Revolution
  7. In the Company of Women: Inspiration and Advice from over 100 Makers, Artists, and Entrepreneurs
  8. Take Pride: Why the Deadliest Sin Holds the Secret to Human Success
  9. The Creative Habit: Learn It and Use It for Life
  10. Tender at the Bone: Growing Up at the Table
  11. If You Have to Cry, Go Outside: And Other Things Your Mother Never Told You
  12. The 52 Lists Project: A Year of Weekly Journaling Inspiration
  13. Daring Greatly: How the Courage to Be Vulnerable Transforms the Way We Live, Love, Parent, and Lead
  14. The Art of Asking
  15. You Can Heal Your Life
  16. Bossypants
  17. Unfinished Business
  18. Yes Please
  19. Worry-Free Money: The Guilt-Free Approach to Managing Your Money and Your Life
  20. Worth It: Your Life, Your Money, Your Terms
  21. What the Most Successful People Do on the Weekend: A Short Guide to Making the Most of Your Days Off
  22. You Are a Badass at Making Money: Master the Mindset of Wealth
  23. Female Innovators at Work: Women on Top of Tech

 

What the Most Successful People Do on the Weekend: A Short Guide to Making the Most of Your Days Off

Laura Vanderkam, 2012

ローラ・ヴァンダーカムは、ライフハック系の書籍で有名な方で2012年に出版された「うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか」という朝活について書かれた書籍やTEDトークで有名な方です。

このWhat most successful people doシリーズの週末版が紹介された本になります。朝食に比べて週末について書かれたこの本は薄い本で、雑誌のエッセイのような感じで英語の勉強にもちょうどいいです。端的に言うと週末どう過ごすのか事前に考えておくとポジティブなアクティビティができるよという程度の内容ですが、具体的な事例も紹介されていて実践しやすい内容ですね。310円でKindle版買えますしすぐ読めますが、英語が・・という方は以下のTEDトークに彼女のメッセージは凝縮されています。

 

The Creative Habit: Learn It and Use It for Life

Twyla Tharp, 2006

トワイラ・サープはトワイラ・サープ・ダンスカンパニーを率いるダンサー・振付師で、トニー賞、エミー賞を受賞したこの領域でもっとも成功した方です。

2007年にクリエイティブな習慣というタイトルで邦訳されている本書ですが、クリエイティブという自由で発想が大事という領域を、習慣と蓄積から実現する方法で実現することを説明しています。

Out of boxはまずBoxを知らなければできない、クリエイティブは蓄積した習慣やハードワークから生まれるといったプラクティカルな方法を徹底的に伝えていて、引用される著名人もモーツァルトのような芸術家からジャック・ウェルチのようなビジネスマンまで広く紹介されています。

とってもコンセプチャルなところから具体的な手法まで触れられています。

個人的には、背骨を叩いて刺激することと、恐怖と向き合うことなどが同じレベル感で語られることに違和感を感じることが多く、男性の無駄なロジック偏重さゆえなのか、考えさせられました。

元記事の11番目に紹介されているケリー・カトローン「If You Have to Cry Go Outside」を読んでいても、トピックがランダムに動いているような感覚があり違和感があるのですが、レビューを読むとランダム感を感じていないようで、性差なのか個人差なのか考えるところです。

 

If You Have to Cry, Go Outside: And Other Things Your Mother Never Told You

Kelly Cutrone, 2010

ケリー・カトローンは全米最大のファッション専業のPRエージェンシーに自社を育て上げ、その後ファッション関連のリアリティショーのメンター、コメンターとして有名になった方です。

なにかアドバイスを与えるようなタイトルですが、実際には彼女の反省を紹介する部分が多いプラダを着た悪魔のPRエージェンシー編といったところ。

ファッション業界に興味のある方や、アメリカのファッション業界について知りたい方にはおすすめだと思います。

 

 

 

 

Yes Please

Amy Poehler, 2015

著者のエイミー・ポーラーは女優で、サタデーナイトフィーバーに出演していたことで有名な方です。コメディアン畑のエイミー・ポーラーがライフスタイルについてジョークを交えながら紹介するのですが、なにかやろう、なにかお願いされたという時に、NOと反応するのではなく、YES, and… と考えようという、軍隊的な考え方(軍隊では上官からの指示にNoとは言えないのでYes sir! But…という対応になる)を女性的にアレンジしています。

残念ながら日本語訳は出ていないのですが、雑誌ananのセックス特集のようにビジネス・パーソナル・セックスライフに関するアドバイスが並んでいて面食らいます。体調のサイクルがビジネスなどすべてに連動せざるえない女性特有の思考のルートなのかもしれないと興味深く読みました。

元のリストにある「Daring Greatly: How the Courage to Be Vulnerable Transforms the Way We Live, Love, Parent, and Lead」という本も同じようにビジネス・パーソナル・ファミリー・セックスなどが絡まり合っていて、ユニークな経験ができます。ジョークが織り交ぜられているのもあり、ある程度英語力がないとつらいと思います。

 

Female Innovators at Work: Women on Top of Tech

Danielle Newnham, 2016

ダニエル・ニューマンはThe Junto Networkというテック系起業家にむけたオンラインネットワークを主催している方で、medium上でもテック業界で活躍する女性を紹介する記事を書いている方です。

この本は彼女の女性テック起業家やCEOのインタビューを集めたもので、彼女たちがビジネスを進める上で直面した問題や課題を紹介しています。有名な方としては、イーロン・マスクのロケット事業SpaceXのCOOをされているGwynne Shotwellなどのインタビューが収録されています。

Danielle Newnham – Medium
Read writing from Danielle Newnham on Medium. Founder @thejuntonetwork. Co-founder @fequalsHQ, author of Female Innovators at Work. Every day, Danielle Newnham ...

Kindle版でも3000円と買うのに勇気のいる価格なのですが、買ったので読んでいます。3000円出して英語だけの本は敷居が高いという方は、表紙にある名前で検索するとTEDのスピーチがある方もいます、そちらをまず観るのをおすすめします、日本語字幕も生成できますし。

 

いまどき本は重いし、読む時間なんてないという方は、電子書籍・オーディオブックを試してみてください。また、アマゾンで本を買う方は、アマゾンギフト券を5000円分買うと最大1000円ポイントがプレゼントされます。上手にキャンペーンやデバイスを利用して読書を楽しみましょう。