インダストリー別カオスマップまとめ(2018年上半期)

marketing_technology_landscape_2018 ビジネス

カオスマップとはある業界やサービスについてプレイヤーをその中のサブカテゴリー別にまとめたものです。デジタル広告が媒体から消費者に届けられるまでに関わるプレイヤーがデータベンダーやオークション管理など非常に複雑なバリューチェーンをたどっていることを1ページで一覧性のあるマップとして表示したものが、他のさまざまな領域に展開されていったもののようです。

自分のビジネス領域はもちろんのこと、自分のクライアントの属するインダストリーのカオスマップは、最低限競合関係・共生関係が理解できるので、非常に助かります。

過去3年分などの更新されたマップがあると、優勝劣敗、栄枯盛衰や業界の変化も確認可能です。表示されている各プレイヤーのシェア・影響力は確認できないので、大きなバリューチェーンを理解して、気になるポイントは個別に調べる必要があります。

カオスマップは和製英語でChaos Mapと行った場合はカオス理論で利用する複雑系のグラフのことを指します。英語の場合は一般的にはIndustry Cloudと言います、よりダイレクトにIndustry Landscape Mapと言えば誰でも理解してもらえるかと。

 

マーケティング

マーケティング・テクノロジーのカオスマップ

カオスマップの本家Lumascapeのマーケティング関連領域いうことで、もっともクレイジーなカオスマップが各種存在しています。その中でも出色なのがChief Marketing Technologistが作成するMarketing Tech 5000というカオスマップは人間が認識できる限界に近い内容を定期的に更新しています。ここまでいくと、たくさんプレイヤーがいるのですね・・以上のことは把握できないですね。

marketing_technology_landscape_2018

このマップは2011年にスタートしていますが、8年分をならべると150社からスタートして年々拡大するプレイヤーとカテゴリーが視覚的に理解できます。

martech_landscape_over_7_years

インバウンドのカオスマップ

爆買の影響は少なくなったものの政府の観光立国に向けた取り組みの成果もあり訪日旅行者は継続して増加しています。訪日顧客をビジネスに組み込もうとすると多言語対応可能な人材の採用、トレーニングから事前・直前の商品プロモーションと多くの領域が関係するということで、訪日ラボが2018年上下半期のカオスマップを紹介しています。

inbound-chaos-map

ECサイト・カオスマップ

トラディショナルな店舗からオンライン・セールスへの移行は、年々拡大していて、ファッションなど既存点のビジネスよりオンラインでしか売れないという傾向がでてきている領域もあります。ECサイトを制作・運営しようとすると物流から顧客サポートまでサービスを提供する会社が多く存在します。日本ネット経済新聞が各領域別にマップを制作しています。

crm-chaos-map ec-chaos-map

ビッグデータのカオスマップ

2010年台前半はビッグデータが大きなバズワードとなっていましたが、ビッグデータを利用してサービスを提供するために自動運転、画像解析など領域が分解されていきビッグデータが話題にのぼることは減りました。大規模データ処理のケーパビリティやデータサイエンティストは取り合いをしている状況に変わりはありません。基盤となるビッグデータ関連サービスについて2018年版が更新されています。

big-data-chaos-map

グラフィック・デザイン

デザインの会社はインターブランド、HUGEのようなブランディングのコンサルティング会社と制作会社が主たるプレイヤーでしたが、インターネットにより大きく変化した業界です。デザイン・クリエーティブ領域でのクラウドソーシングの活用拡大、Logo Makerなどロゴメーカー・デザインメーカーサイトの拡大によりランドスケープが大きく変わっています。

graphic-design-industry-landscape_559cea9fcb071_w1500

 

インダストリー別

ドローンのカオスマップ

ドローン(無人航空機)を使った映像はテレビやソーシャルメディアで見ない日がないほど一般的になりました。一方でドローン全般のビジネスとしては、画像をとるだけでなく、武器・農薬・建設・検査など多くの領域で利用されています。利用が広がると同時に、事故の保証のための保険、フライトプランの管理など周辺サービスも広がり多くのプレイヤーが参入している領域です。

drone-chaos-map

オートテックのカオスマップ

オートテック、Mobility As A Serviceなどと言われる自動車関連のデジタル・テクノロジー領域はシェアリングエコノミーの大きな潮流の中でUBERを生み出すなど新しいプレイヤーが生まれている領域です。フードトラック事業などを行うMellow株式会社がマップとしてまとめています。

maas-chaos-map

MaaSから自動車テクノロジーと自動車関連の金融サービスまで広げたマップをFTPartnersが制作しており、より多くの新旧プレイヤーが関連していることが見て取れます。自動車は裾野の広い業界と言われることが多いですが、ディーラー関連のテクノロジー、修理、契約、中古車オークションと領域の広さと規模の大きさが理解できます。

auto-fin-tech

AIのカオスマップ

人工知能をサービスに組み込む企業はトラディショナルなプレイヤーからスタートアップまで日々増えており、AIを利用しないサービスはなくなるのでないかと思いますが、テクノロジー基盤を提供する企業をまとめたカオスマップをAINOWがまとめています。

ai-chaos-map

 

AR・VRのカオスマップ

VR(仮想現実)、AR(代替現実)は、デジタル上に作られた世界に没入するVRゲームやツール、現実世界にオーバーラップされる形でデジタルの情報が表示されるARのツールのことで、体験型ゲームが話題になっていますがB2Bでマニュアルがわりに利用される、車のナビゲーションなど利用範囲が拡大している分野です。VR/AR専門の投資ファンドのVenture Reality Fundがカオスマップをまとめています。

vr-industry-map

ar-industrymap

 

写真のカオスマップ

写真は一眼レフのようなハイエンドのものからスマートフォンまで幅広い機器があり、共有サイト、ストックフォト、エディティングと広いサービス領域があります。2013年と少し古いですが、多くは2018年でも生き残っています。身近なサービスの割に知らないサービスや企業が多くて楽しめます。

photography_industry_landscape_taylor_davidson

マリファナビジネスのカオスマップ

少し珍しいところで、マリファナ関連ビジネスのカオスマップです。アメリカの一部の州やヨーロッパでマリファナの医療利用や一般利用が解禁される中で、合法的な企業がマリファナビジネスに乗り出しています。テクノロジーやスタートアップ関連の調査会社のCB Insightがまとめたマップをみるとすでに生産から配送までエコシステムが拡大している様子が見て取れます。

cannabis-chaos-map

エイジングのカオスマップ

高齢化は先進国共通の課題となっていますが、寿命・延命に関する研究が大きく進んでいること、高齢者向けのサービスや鎮痛などの一般消費者向けのビジネスが拡大する中で、エイジングに関するカオスマップが発表されています。

Longevity-mind-map

 

 

カオスマップが多すぎる

ソーシャルメディア、IoT、Fintech、HRTechなど領域別に紹介しきれないほどのカオスマップが作られています。また、民泊のカオスマップ、飲食店向けのアプリケーションのカオスマップ、不動産業界のカオスマップ、ロボットのカオスマップと大量にあります。

自分の仕事に関して、投資しようとしている会社について日本語と英語で検索して数年分眺めるだけで多くの発見があると思います。ユニークなカオスマップを発見したら追加していきたいと思います。