英語でsorryを言わないためには?

シェアする

日本人なんでも謝るとか、ソーリーと言い過ぎるという話は昔から多いのですが、文化に根ざした言い方なので、そんなに英語だからといって言い方変えられないですよね。ソーリーという代わりにどう言えばいいのか?

Sorry

スポンサーリンク

セルフコンフィデンスがないように思われる

私は、日本人のソーリー好きは海外でも有名だということと、Japanese Englishを話しているんだ!なにがわるい!と開き直りを覚えてからはあまり気にしていませんでした。

ところが、会社のリーダーシップ研修で、 他人に気遣いを示すのはとてもいいことだけど、自分に自信がないように聞こえるのはグローバル・リーダーのひとりとして問題だと指摘を受けてしまい、どうしようかと悩むこととなりました。

意図しない意味で伝わっている?

研修でグローバルからいろいろな人が来ているのは良い機会なので、周囲の人にどう思っているのかきいてみることにしたところ。

アメリカ人にもひたすら言いまくるおばちゃんがいるけど、sorryって本気で言っているとは思えないことが多くてあんまり好きじゃない、という人もいれば。

日本の文化の一部なのだから素敵じゃない?という人もいました。

日本人の友人がいるという人は、日本語のすいませんにあるような、謝罪より感謝という意味はないので、私が意図したことが伝わっているとは思わないこと、それがわかっていればいいんじゃない?という意見。

そもそも、お前は態度がでかいからsorryと日本人っぽい英語しゃべらないと日本人に見られないぞ?という人。

では、どうしよう?

翌日、リーダーシップのトレーナーに、すべて感謝に言い換えようかと相談したところ、that’s great idea, worth to tryというお墨付きといくつかアドバイスをもらったので、意識的に言い換えていくようにしました。

I’m sorry, but I don’t understand this strategy の代わりに、

I appreciate your work, but I don’t understand the reasoning behind this strategyと言ってみるとか。

Sorry for missing my deadlineの代わりに、

Thank you for your patient and kind understandingと言ってみるとか。

Sorry if it caused inconvenience by this matterの代わりに、

Thank you for reporting itと言ってみたり、

Thank you for heads upと言ってみるとか。

I’m sorry to interrupt …の代わりに、

Let me say this… と言ってみるとか。

I’m sorry you were late because of terrible Delhi traffic. の代わりに、

How frustrating that you were late because of that awful traffic. と言ってみるとか。

Sorry, do you have a minute?の代わりに、

Excuse me, do you have a minute? と言ってみるとか。

Yo! do you have a minute?と東南アジアっぽくしたり?

ということで、僕の場合はアメリカで仕事をしているわけではなく、日本在住の日本文化的なものを背負っていますアピールが効くので、それは有効に使いつつ。全部thank youに置き換えるのもどうかと思うので、言い方を考えるという感じでやってみてます。10年近くたってますが、どうだろう?意識しないと戻ってくるような気もします。

それでも、I’m sorry if this is offensive…という表現は好きです。この、これさえ言えば厳しいこと言い放題感がとても好き。まあ、そんなにメチャクチャなこと言いませんけど。

最後に

これは、仕事とプライベートは切り分けなさいという意味です。仕事ではとにかくSorryの代わりの言葉を探し続けるのが良いようです。

道で肩が当たったり、譲り合ったりした時には、ちゃんとsorryと言いましょう。くしゃみをしたら bless youと言います。これも、日本人はあんまりインタラクションがないとか言われたことがありまして。

スポンサーリンク

シェアする