WeAreOnyx事業計画書

商品があふれるなか、自分に最適な商品を探すだけでもたいへんです。そこで、ターゲットを限定して定期的にプレゼントボックスを送るタイプのビジネスは、乳幼児向け、高級食品など拡大しています。昔懐かしいビジネスモデルですが、サブスクリプション型は収益が確定しやすいので堅実なビジネスですね。

Crema事業計画書

シアトル系に続き、ブルーボトルとコーヒーの流行は継続して波が来ますが、チェーンではない小さなお店が丁寧に入れた珈琲の良さもまた格別です。ただし、使えるポイントシステムやキャッシュレス化、事前オーダーの仕組みなどは、事業規模が小さく難しいということで、小さな珈琲ショップ向けの顧客優待システムを提供するベンチャーです。

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック) の利用体験からメリット・デメリットを評価

実践的な英語の問題を1日1題こたえていくことで着実に英語力を伸ばしていくことをサポートするHiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)。スマホのアプリからもウェブサイトからも利用できるので、スキマ時間で簡単にできるサービスです。そんなHiNative Trekを利用してみたので、実際に使ってみての良し悪し、メリット・デメリットを紹介します。

Baloonr事業計画書

AIを利用してコンシューマーの分析をしようというスタートアップです。これまでの消費者データは態度や行動といったアクションとして表出するものは理解できたものの、心理となると分析のためのデータはあっても分析者のバイアスが強く入ってしまう傾向にありました。AIが冷静な観察者として機能するのはとても価値があります。

Airbnb事業計画書

言わずと知れたシェアリングエコノミーの雄であるAirbnbが資金調達のために用意した事業計画書です。事業提案書はとてもシンプルですが、課題、解決方法、マーケットのサイズという基本をしっかりと押さえているプレゼンテーションです。ビジネスピッチのお手本と言われる内容だと思います。

Linkedin事業計画書

2016年にマイクロソフトが買収したビジネスに特化したソーシャルメディア。歴史は古く2000年代前半から存在しています。ビジネス関連では基礎的なネットワークとなっていて、転職や新規顧客開発では必須のツールとなっています。ビジネスに集中したソーシャルメディアとしては、唯一成功した企業の資金調達を目指した資料です。

Buzzfeed事業計画書

デジタルメディアとして存在感を示すBuzzFeedです。ユーザーが作るコンテンツ、編集者が作るコンテンツなどを上手に織り交ぜつつ、ソーシャルメディアでの拡散・サーチエンジンでのSEOなど、デジタルマーケティングの知識を活用したメディアです。デジタルメディアとしては世界最大、北米でもアクセス数100位内という巨大メディア。

Tinder事業計画書

Tinderとして拡大している出会いをアレンジするマッチングアプリです。ソーシャルネットワークは人間関係が濃すぎるという環境で手軽な出会いツールとして拡大しています。

WeWork事業計画書

Uber, Airbnbにつづいてシェアリングエコノミーの代表格として拡大しているシェアオフィスを提供しているWeWorkのピッチです。顧客と会わなくて良いビジネスの場合は社員数が増えてもシェアオフィスで充分ですし、同じWeWork系列であればネットワーク環境も保証されています。飲み物やビールがただだったり、なにより居心地がよいですよね。

Soundwave事業計画書

Soundwaveはどんな音楽をきいているのかリアルタイムでトラッキングして分析する機能をもったモバイルアプリを提供している会社です。2012年に調達後、2016年に音楽プラットフォームのSpotifyに買収されました。ピッチデックはアイコンを多用して誰でも理解できるようにするということに心が配られています。