デジタル・エージェンシーのポジショニングと評価

デジタルマーケティングの領域は、コンテンツ、メディア、CRM、マーケティング・オートメーションのようなテクノロジープラットフォームなど領域が拡大する中、ビジネスストラテジーと統合されたデジタル・マーケティングを提供するコンサルティング・ファームが参入するなどプレイヤーが拡大しています。グローバル調査会社のガートナーが広告主向けにグローバル・デジタル・エージェンシーのポジショニングをレポートしています。

EC売上拡大のためのAMS活用のTIPS

日本最大のECサイトとなったアマゾン、従来型のECだけでなく、フレッシュ、プライムナウなどサービスの拡大が著しい状況です。またアマゾンの広告...

マイクロコピーを知ること、利用すること

マイクロコピーという言葉がグーグル、アマゾンやドロップボックスなどの著名企業がUXライターというタイトルの職種が興味を集めています。マイクロコピーはウェブサイト上のボタンなどの文章のことです、マイクロコピーの良し悪しがユーザーの体験に貢献すると言われています。

アマゾンの次の一手として話題の広告ビジネス

アマゾンが物販、コンテンツ、生鮮食品とオンラインコマースを席巻し、ホールフーズを買収、AmazonGoでスーパーマーケット、FireTVやタブレット、エコーと家庭の中やオンライン以外の家庭の中に入って来ました。アマゾンらしいユニークな広告ビジネスが次の収益の柱になる成長を遂げています。

比較的やりやすいグローバル学歴ロンダリング

学歴は一部の学閥が跋扈する会社を除けば社会人になってしまえば意味がないというのが新卒一括採用・終身雇用においての真理でした。しかし、キャリア...

マインドフルのモバイル・アプリ人気ランキング

マインドフルネスというワードを聞いたことがある方が多いのか少ないのかわかりませんが、アップルが公表した2018年のiPhoneアプリ・ランキングでCareが最も注目のアプリに選ばれていて、瞑想などにより精神的安定や集中をするためのモバイル・アプリを調べてみました。

アップルが発表した2017年もっとも人気だったiPhoneアプリ

2017年12月7日に米国アップルが2017年にiTunes Store, App Store, iBook storeなどアップルのプラットフォームで人気だったアプリやコンテンツのランキングを発表しました。

中小・零細起業家(アントレプレナー)が自分の経験を語る

ひとつ前の記事でANKERのことを調べていて、アマゾンのプロモーションでANKERについて語っている動画がYouTubeを拝見しました。このチャネルのコンテンツがとても良くできていて紹介したくなりました。

アップル、サムソンを破ったANKERの戦略

アンカー(ANKER)は、スマートフォンの充電ケーブルや充電バッテリーなどを販売している中国メーカーで日本でも知名度はないものの、意識せずに利用しているという人は多いと思います。本来メーカーの付属品の市場でナンバーワンブランドへと登りつめたANKERの戦略をまとめます。

CFOがプレディクティブ・マーケティングを理解するべき理由

CFOの役割はコストの管理者から戦略的なバリュー創造や成長をサポートする機能へと拡大しているとアクセンチュアがレポートしており、73%のCFOは過去2年間で戦略に関わる時間が増えたと回答しています。一方でマーケティングとCFOの関係は理想的な状態とは言えない状態が続いています。今後、CFOがマーケティングについてより知るべきという声が高まっています。