英文ライティング上達へ:ネイティブが使うライティング支援ツール3選

マイクロソフトワードのスペルチェックは、最低限のタイポ修正を助けてくれますが、わかりやすい表現を教えてくれるわけではありません。一方で、英文編集に苦労するのは英語で文章を書く専門家も同じです。彼らネイティブのライターが使っている編集支援ソフトを使うことで、英文ライティングのスキル向上を目指しましょう。

英文ライティング上達へ:英語サイトで文法力向上おすすめ10選

文法が少々間違っていても英語は伝わります。ただし、明確に伝えるためには文法は基礎であり、子供のような文章ではプロフェッショナルと認識されません。自分の意図したイメージや内容を伝えたいですよね?そこで文法を学ぶにあたって、ある程度英語ができる方は英語のサイトを使って英語で英語の文法を学ぶのが効率的です。文法を学ぶ10つのサイトを紹介します。

オウンドメディア・コンテンツマーケティング国内成功事例

自社でオウンドメディアやコンテンツマーケティングをして、本当にうまくいくのかと悩んでいますよね。オウンドメディアを活用していくには、戦略をもって実施していく必要がありますが、同時に成果を出している企業の事例を見て、自社との違いや戦略のフィットを理解することも重要です。国内の成功事例をまとめました。

コンテンツマーケティングが上手くいかない5つの理由

コンテンツマーケティングを始めたものの、結果が出ない。うまくいかない。意味があるのか問われているというお話を聞きます。コンテンツマーケティングについて話をしている際に、そもそものボタンの掛け違いのようなものもあり。うまくいかない5つの理由をまとめました。

イリノイ州のブロックチェーンによる公的証明書実験

米国イリノイ州はブロックチェーンを使った住民台帳の実験を始めます。ブロックチェーンを使うことで、住民に出生証明などの公的証明書へより良い管理、アクセスと安全性を提供しようという実験です。この動きは、イギリス、ブラジルなどでも始まっており、アイデンティティのブロックチェーン管理が進みそうです。

無料で著名大学に行ける機会はまだある

社会的に認知された意味のある学位を自国や留学で取得するのは無理と決めつけてしまっている人も多いようです。実態は、未だに学費無料や低コストで大学など高等教育を受けられる国はまだまだあります。アメリカ、イギリス、中国、シンガポールなど、高騰著しい国ではなく、可能性のある国を知って、自分で挑戦するかどうかです。

ネイティブでも間違える、英語の言い間違い10選

日本語でも慣用句の言い間違いや言葉の意味が変わってしまっていることはありますが、英語も同じです。Phrase mess up mostなどと検索すると多くの間違いやすいフレーズを掲載したウェブページがあります。その中から、日本人も間違いやすい慣用句を選んでみました。

シェアリングエコノミーの交通サービス(TNC)と今後の交通機能

TNC(Transportation Network Companies)と言われるUBERやLyftなどと言われるサービスと公共交通機関の今後について、法制度・サービスレベルなど多くの領域での議論が深まっています。TNCがあくまでも既存公共交通の補助になるのか、公共交通機関を超える存在になるのか、ネット上の議論をピックアップしてみます。

高齢者でもできる、英語力学習法

引退して時間があるので海外旅行に行くと、英語を話せる人は現地の人とコミュニケーションをとっていて羨ましい。少し話をできるだけでもいいので、英語の力を今更だけどできないかと思う方も多いのでは?けど、この歳になってから上達するのは難しいだろう・・。そう諦めていませんか?

Autotech: トラック物流進化の行方とスタートアップ

トラックのIOTやAIによる進化がニュースになることが少し多くなってきました。多くの企業が、トラックをCONNECTEDにすることで効率的な物流を作ろうと動いているようです。ということで、なにが起きているのか確認してみよう。