英語リスニング上達のTIPS:すごいスピードで話すネイティブ対策

英語のリスニングがそこそこできるという方でも、スコティッシュ、東海岸の人やインド人がものすごいスピードで話をしだすとなにを言っているのかわからない、トピックをロストしたという経験があるのでは。この手の人にどのように対応するのか理解することでリスニング・スキルも向上します。

拡大するエンタープライズ・イーサリアムのユースケース

暗号通貨として話題になるビットコインやイーサリアム。仮想通貨をいかがわしいと思っている方もイーサリアムの嵐からは逃れられないかもしれません。日本企業も多く参加しているイーサリアム・エンタープライズという仕組みが拡大しています。新しく加わったユースケースを紹介します。

英会話教室に通わないで短期間でビジネス英会話上級者になる方法

ビジネスで英語が必要になり英会話教室に通っているがなかなか上達しない、どうしたら良いのかという相談をうけることがあります。初級者が短期間で英会話の能力を向上させるのはなかなか難しいですが、中級者がビジネスで英語を問題なく利用できるレベルまで向上させる方法があります。

本当のLTV(顧客生涯価値)の計算方法とエクセルテンプレート

LTV(顧客生涯価値)はマーケティングを行う上でCRMが一般的になるとともに一般的な概念となっています。同一顧客の継続的な購買やクロスセル・アップセルを行うことでマーケティングによる顧客獲得と利益の最大化を行うためにLTVを算出し、それを最大化する方法を検討することになります。

Park Evergreen事業計画書

シェアリングエコノミーを駐車場に応用しようという考え方の会社です。日本は土地が高いので設備更新もある程度高い頻度で行われていますが、アメリカはニューヨークを除くとダウンタウンでも、舗装もされていない場所にチェーンで規制されているだけというところが多く、モダンな設備にしていくこと、チャージステーションを用意することなどで燃料効率を高めようという考えのスタートアップです。

WeAreOnyx事業計画書

商品があふれるなか、自分に最適な商品を探すだけでもたいへんです。そこで、ターゲットを限定して定期的にプレゼントボックスを送るタイプのビジネスは、乳幼児向け、高級食品など拡大しています。昔懐かしいビジネスモデルですが、サブスクリプション型は収益が確定しやすいので堅実なビジネスですね。

Crema事業計画書

シアトル系に続き、ブルーボトルとコーヒーの流行は継続して波が来ますが、チェーンではない小さなお店が丁寧に入れた珈琲の良さもまた格別です。ただし、使えるポイントシステムやキャッシュレス化、事前オーダーの仕組みなどは、事業規模が小さく難しいということで、小さな珈琲ショップ向けの顧客優待システムを提供するベンチャーです。

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック) の利用体験からメリット・デメリットを評価

実践的な英語の問題を1日1題こたえていくことで着実に英語力を伸ばしていくことをサポートするHiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)。スマホのアプリからもウェブサイトからも利用できるので、スキマ時間で簡単にできるサービスです。そんなHiNative Trekを利用してみたので、実際に使ってみての良し悪し、メリット・デメリットを紹介します。

Baloonr事業計画書

AIを利用してコンシューマーの分析をしようというスタートアップです。これまでの消費者データは態度や行動といったアクションとして表出するものは理解できたものの、心理となると分析のためのデータはあっても分析者のバイアスが強く入ってしまう傾向にありました。AIが冷静な観察者として機能するのはとても価値があります。

Airbnb事業計画書

言わずと知れたシェアリングエコノミーの雄であるAirbnbが資金調達のために用意した事業計画書です。事業提案書はとてもシンプルですが、課題、解決方法、マーケットのサイズという基本をしっかりと押さえているプレゼンテーションです。ビジネスピッチのお手本と言われる内容だと思います。