英文法の勉強をして子供を飢餓から救おう!

シェアする

題名が意味不明ですよね。毎日15分程度英文法や単語の勉強をすると、飢餓から子供を救うという方法があります。freerice.comというサイトで勉強するだけです。

FreeRice

問題にひとつ正解する度に10粒の米がUnited Nations World Food Programmeを通じて、飢餓状態にある子供に寄付されます。10問正解すれば100粒、20問正解すれば200粒。

ただし、問題は正解するごとに難しくなっていきます。レベルは1から始まって正解するごとにレベル60まで上がっていくのですが、漢字検定のようなものでレベル50以上はマニアックです。

自分のアカウントを作って毎日の記録を取ることもでき、トータルの成績はランキングで表示されます。例えば2017年10月30日のトップの人は776,660粒を1日で寄付しています。

なぜ英文法やボキャブラリーの勉強をするとお米10粒を寄付できるのか?というと、仕組みは簡単で、このウェブサイトはアクセスごとにオンライン広告を表示しているので、オンライン広告からの収益を使って寄付をしているとのことです。スマートな仕組みですね。もしアドブロック(広告表示を防止するソフト)を入れている場合には、このサイトでは外しましょう。とはいえ、無理に広告をクリックする必要はないと思います。

2012年あたりにスタートしたのではと記憶していますが、未だに着実に継続しているのはすごいです。とはいえ、あまり寄付とか考えずに、よくできたクイズですので実際にやってみることをオススメします。その上、人助けになります。

ボキャブラリーのコース

英文法のコース

実はこのサイト、コースはもっとたくさんあります。ドイツ語などの言語、算数、化学式や大学入試試験のSATの模試のようなものまであります。SUBJECTSをクリックするとコースが選べます、いろいろやってみるのも面白いですよ。

free-rice-subjects

スポンサーリンク

シェアする