マネージメント一覧

経営手法、カテゴリー、テクノロジー。変化の激しい時代に新しい手法や未来について紹介します。

拡大するシェアードサービス・BPRの世界的トレンド

シェアードサービスとは、受発注の処理、経費処理などバックオフィスの定型化したプロセスを社外の専門的な会社に外注したり、グループ会社の機能を統合して管理したりという仕組みのことで1990年移行一般的になり、オフショア(海外のシェアードサービス)の活用も拡大してきました。このシェアードサービスも他の業界と同じくAI化の波が押し寄せているということで、2018年およびそれ移行のトレンドを確認してみました。

World Economic Forumが選ぶ世界のハイテクな25都市

深センの発展に驚愕して日本はもうだめだと絶望した26歳に共感・反論が一時期賑わっていました。インターネット鎖国で気づかれた独自の生態系で進む発展に危機感を持つのは当然として、では現状はどうなのか、自由主義の本山ワールド・エコノミック・フォーラムが世界のハイテク25都市を選出しているので紹介。

ユニクロとアマゾンが対決する日

久しぶりにあった友人のアメリカ人のワードローブがポロシャル、スウェット、パーカー、パンツとアマゾンのプライベートブランドのアマゾン・エレメンツで占められていました。ニューヨークのような都会ではなく田舎暮らしながら、ウォルマートやターゲットの服は流石に買いたくないと言ってヘリーハンセンなどを着ていた彼になにが起きたのでしょう。

フォーチュン誌の選ぶ急成長の会社100

経済誌フォーチュンは大手企業を対象としたフォーチュン500が有名です。フォーチュンはさまざまなランキングを作っており、今回はFastest Growing 100という、アメリカの証券市場に上場している急成長を続ける会社をランキングしたリストの2017年度版をみてみました。

モンデリーズがGlobal CMOの役割を5人に分割

オレオ、トライデントやリッツなどを持つ世界最大級の食品会社モンデリーズ(旧クラフト・フーズ)がGlobal CMOの役割をブランド戦略・メディアなどに集中するGlobal CMOと、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、アジアの4リージョンでのRegional CMO4名の5名に分割することをAdAgeが報じています。Chief Growth Officerによる成長のための方策としてマーケティングのローカライズをする動きにモンデリーズが加わったことになります。

デジタル・エージェンシーのポジショニングと評価

デジタルマーケティングの領域は、コンテンツ、メディア、CRM、マーケティング・オートメーションのようなテクノロジープラットフォームなど領域が拡大する中、ビジネスストラテジーと統合されたデジタル・マーケティングを提供するコンサルティング・ファームが参入するなどプレイヤーが拡大しています。グローバル調査会社のガートナーが広告主向けにグローバル・デジタル・エージェンシーのポジショニングをレポートしています。

EC売上拡大のためのAMS活用のTIPS

日本最大のECサイトとなったアマゾン、従来型のECだけでなく、フレッシュ、プライムナウなどサービスの拡大が著しい状況です。またアマゾンの広告...

マイクロコピーを知ること、利用すること

マイクロコピーという言葉がグーグル、アマゾンやドロップボックスなどの著名企業がUXライターというタイトルの職種が興味を集めています。マイクロコピーはウェブサイト上のボタンなどの文章のことです、マイクロコピーの良し悪しがユーザーの体験に貢献すると言われています。

アマゾンの次の一手として話題の広告ビジネス

アマゾンが物販、コンテンツ、生鮮食品とオンラインコマースを席巻し、ホールフーズを買収、AmazonGoでスーパーマーケット、FireTVやタブレット、エコーと家庭の中やオンライン以外の家庭の中に入って来ました。アマゾンらしいユニークな広告ビジネスが次の収益の柱になる成長を遂げています。

比較的やりやすいグローバル学歴ロンダリング

学歴は一部の学閥が跋扈する会社を除けば社会人になってしまえば意味がないというのが新卒一括採用・終身雇用においての真理でした。しかし、キャリア...