Mattermark事業計画書

mattermark-seriese-a-001 プレゼンテーション

Mattermarkはビジネスに関する情報をパッケージングしたツールを提供している会社です。日々会社の中にいる人はマーケットサイズはどれぐらいなのか、伸び率がどの程度なのかなどをGoogleで毎回毎回調べています。

大きな会社だとナレッジマネージメントの仕組みやCRMの仕組みが用意されている場合がありますが、そもそもこのようなツールは一切情報の入っていない状態で提供されるため、企業がデータを入れてアップデートし続けなければなりません。

この手間をなくそうというのがMatterMarkの情報が事前に入った状態のWIKI+CRM+KMのソリューションということになります。堅実にビジネスを拡大しており、シリーズBも成功させています。ただし、このまま規模が大きくなると、Euromonitorなどトラディショナルな調査会社との違いがわからなくなる可能性も高いです。

 

Mattermark事業計画書

提案年2014
調達額$6.5M Series A
投資家Arena Ventures, Drummond Road Capital, Great Oaks Venture Capital, Henry McNamara

 

マターマークについて

マターマークは、ビックデータ、マシンラーニング、ベンチマーク、ニュースなどをベンチャーキャピタル、プライベートバンクなど金融機関、コンサルティングファームや事業会社のビジネスデベロップメントを担当する企画部門向けてに提供している会社です。100万社以上の公開・非公開のテクノロジー企業を中心にデータを提供しています。

ビジネスの定義

2ページ目で会社のミッションを伝え、3ページ目のタイトル「Mattermark is Google for Business People」でどのような会社なのか伝えています。

The problem

会社が解決する課題を整理したページです。データに基づいた情報をビジネスを行うに際して手に入れることは簡単ではないという見出しとともに、「CRMのソフトウェアを買っても中身は空で自分で整備が必要」「多くの人が同じような情報を探している、同じような情報をエクセルに整理している」など具体的なニーズを整理しています。そして、3ページに渡ってビジネス関連の情報検索の例をとって、Googleでは必要な情報を簡単に得ることが出なきないという事実を視覚で実証しています。例えば、「SAAS(Softwear As A Service)の市場の大きさ」「2013年のシリーズAファンド案件すべて」などを検索しても、ダイレクトに答えてくれる情報にあたるわけではありません。Googleとエクセルの組み合わせが効率的ではないということを示しています。このような実例を見せて、会社が解決しようとする問題点を示すのは効果的です。この書類では、ビジネスパーソン向けのグーグルと言ってもググればたいていのことがわかるのでは?という疑問に対して、誰もが1回は経験している体験を視覚的に提示することで、あるある、という理解を作ることに成功しています。

Market SizeとForecast

マーケットのサイズは潜在顧客を領域別に延べ数を表示し、それをもとに最大獲得できるマーケットとして3000億円のし上があると推計しています。その後、現在のMRR(月間経常収益)とその伸び率を占めしています。市場規模に対して年間1.5億円程度とささやかな数字ですが、20%という定常的な伸び率とMRRという定期的に安定的な収益基盤を作ることを目剤していることを占めしています。その後、収益計画を説明しています。

すでに一定のビジネスを成立させているということから、ユーザーへのチャージスキームなどをビジネスモデルとして書くのではなくフォーキャストとして明示することで確実な投資だというメッセージを伝えることを意図しているようです。

Leadership Team

メンバーの紹介は事業計画においてもっとも重要な情報のひとつです。Mattermarksは他の企業に比べて多くのページを割いてひとりひとりバックグラウンドや経験を説明しています。金融機関やコンサルティングファームなど相手にするB2B領域の会社で、専門的なデータや分析の知識が必要となるサービスということで、プロフェッショナルがリーダーシップチームにいるということを証明することが他のB2Cサービスに比べて重要だということだと思います。どの程度の情報粒度でチーム紹介をするかはビジネスの性質によって違うということを示す良い事例だと思います。

 

 

(スライドをクリックするとスライドショーが開きます)

mattermark-seriese-a-001

mattermark-seriese-a-002 mattermark-seriese-a-003 mattermark-seriese-a-004 mattermark-seriese-a-005 mattermark-seriese-a-006 mattermark-seriese-a-007 mattermark-seriese-a-008 mattermark-seriese-a-009 mattermark-seriese-a-010 mattermark-seriese-a-011 mattermark-seriese-a-012 mattermark-seriese-a-013 mattermark-seriese-a-014 mattermark-seriese-a-015 mattermark-seriese-a-016 mattermark-seriese-a-017 mattermark-seriese-a-018 mattermark-seriese-a-019 mattermark-seriese-a-020 mattermark-seriese-a-021 mattermark-seriese-a-022 mattermark-seriese-a-023 mattermark-seriese-a-024 mattermark-seriese-a-025 mattermark-seriese-a-026 mattermark-seriese-a-027 mattermark-seriese-a-028 mattermark-seriese-a-029 mattermark-seriese-a-030

 

他の新規事業計画書や参考になるパワーポイントのリスト

新規事業計画書の書き方と参考資料50点
スタートアップの事業計画書が好きです。数ページのスライドに込められたその想いと熱情、世界を変えてやるという気概。熱量があれば問題を乗り越えられるという楽観的な思考こそが、世界を変える原動力なんだと信じている力がすごいです。時代とともに変遷していくビジネスプランのトレンドや変わらない熱意を並べてみました。ビジネスプラン一覧からロゴをクリックするとスライドへジャンプします。その他に、デザイン会社やアニメーション会社などプレゼン制作のプロのスライドも紹介しています。