アマゾンが次に買うべきはノードストロームという話

Recode誌のイベントで、ニューヨーク大学のスコット・ギャロウェイ教授(L2 Brand Surveyを運営するブランドやマーケティングの専門家)が、アマゾンが次に買うべきなのはノードストローム、それが自然な選択だと答えています。ノードストロームとその背景について調べてみました。

M&A加速!!企業の人工知能のスタートアップを買収が30%拡大

シティバンク、セールスフォース、シスコ、インテル、ヌビディアやテンセントといった巨大企業は、ベンチャーキャピタルを持っており積極的に人工知能(AI)への投資を推進しています。投資の状況からAI領域で注目されている技術について確認してみようかと。

経営戦術においての平均化の罠

経営戦術とは、経営目標を達成する戦略に対してのアクションプランを指します。一方平均化の罠は、統計において平均化することで失われてしまう数字の分布というニュアンスによって間違った判断をすることです。情報社会化が進むことで、経営戦術における平均化の罠があるのではと議論になりました。

グーグルやマイクロソフトのコンテンツマーケティング領域への投資とは?

コンテンツマーケティングの領域ではマルケトなどスタートアップの企業が目立ちますが、グーグルやマイクロソフトがどのような投資をしているのか確認してみました。

フィットネステックM&A:フェースブック・ハイアットなどが買収

フィットネステック(Fitness Tech)のスタートアップの出口戦略のひとつである買収の状況は、フェースブック、ノースフェースなど多くの企業が参入。CBinsightの記事を参考に、2017年の状況をまとめました。

マッキンゼー・ボスコンなど有名外資系の資料からテクニック知る

戦略の専門家である、外資系コンサルティング会社がどのような資料を作っているのでしょうか?マッキンゼーやボストン・コンサルティングといった、有名外資戦略コンサルティングが作成した資料から、プレゼンテーションの参考になる手法やファームごとの違いがあるのか確認してみます。

TAMを使って市場を見る、そしてTAMの限界

TAMという概念を知っていますか?TAMとはTotal Addressable Marketの略称で、ある製品やサービスが獲得することができる最大の利益機会を算出したものです。ベンチャーキャピタルなどと会話すると頻出します。TAMという指標のメリットと限界は?

オーセンティックリーダーのスタイル10

オーセンティックリーダーシップは、どうしてもわかりにくい。ここでは、オーセンティックリーダーシップのあり方を探る方法ではなく、結果としての行動から理解するためにコーチングのスペシャリストが語っている典型的な10の行動規範をまとめてみました。

フィットネス・テックのグローバルスタートアップ

ヘルステックの中でフィットネス・テックと言われる業界は成功モデルがまだ確定していない領域。グローバルのフィットネス・テックで、資金調達に成功したスタートアップから、今後のフィットネス・テックがどうなるのか調べてみました。

絶望的な日本の漁業、10年でどこまで変われるのか?

次の改革は漁業!という農水大臣が言っているという記事を読んで、現状はどうなのだろう?と調べてみると、暗澹たる状況。改革の方向は見えているらしい。